親鸞会仏教講座盲亀浮木の譬喩1
なぜ人間に生まれたことが有り難いのか?

【問い】人間に生まれたことを喜べと教えられますが私は喜ぶどころか生んだ親をうらむことさえあります。こんなことではいけないと思いながら喜ぶことができません。なぜ人間に生まれたことが有り難いのでしょうか。

【答え】自殺するのは、あなたと同じく生きる喜びのない人たちのすることです。しかしほとんどの人はまじめに考えればあなたと同じ気持ちになるのです。

おっしゃるとおり、仏教では人間に生まれたことは大変有り難いことだから喜ばねばならないと説かれています。『雑阿含経』の中には有名な盲亀浮木の譬喩があります。

ある時、釈尊が「たとえば大海の底に1匹の盲亀がいて100年に1度、波の上に浮かび上がるのだ。ところがその海に1本の浮木が流れていて、その木の真ん中に1つの穴がある。100年に1度浮かぶこの亀が、ちょうどこの浮木の穴から頭を出すことが1度でもあるだろうか」と尋ねられた。
>>次へ(盲亀浮木の譬喩2)

>>topへ


親鸞会とはアクセス仏教を学ぶ浄土真宗を学ぶ会員の声沿革リンク集動画集お問い合わせ現代の仏説
copyright.
浄土真宗親鸞会