親鸞会会員の声自殺問題1

自殺問題に思う(1/3)

自殺問題に思う
神奈川県 男性

 死んだら極楽、死んだら仏という迷妄に覆われている人たちは、今の苦しみから逃れるために、尊厳なはずの命を自ら捨てて、後生≠ヨ飛び込んでおります。「この五重の義成就せずは、往生は叶うべからず」と断言される親鸞聖人・蓮如上人のお言葉の前には、まことに愚かな考えです。

 この永遠の生命の問題を解決するために人間に生まれてきた。これが人生の原点であると改めて知らされました。

 一つ欠けても、絶対に往生できないと仰有る「五重の義」の最初の宿善について、懇切丁寧に教えていただき、この聞法心こそ、すべての元であると教えていただきました。その宿善が厚くなるのに、これ以上ない聴聞とは、如何に大切なことか。

 2000畳大講堂は、この聴聞一つのために建立されました。目的は生死の一大事の解決以外にありません。

 弥陀の慈悲が徹底して下される聞即信の一念まで、教えに従い、光に向かって進ませていただきます。

>>次へ(自殺問2)
<<前へ(参詣者2)

>>親鸞会topへ


親鸞会とはアクセス仏教を学ぶ浄土真宗を学ぶ会員の声沿革リンク集動画集お問い合わせ現代の仏説
copyright.
浄土真宗親鸞会