親鸞会会員の声参詣者3

「迷いの夢を見ていた」と語る親鸞会会員の大田素子さん(1/2)

「死んだあとのことなんて、考えたこともない、今さえ楽しければいい」

私が、仏法に出遇うまで、こう思っていました。
よく姉が、「死を考えると恐ろしくて、夜も眠れなくなる」
と、電気を消すことさえ怖がるので、
「死ぬことを考えていては生きていけなくなるよ。
それまで楽しく過ごせばいいじゃない」
と、慰めておりました。

ところが浄土真宗親鸞会で、初めて仏法を聞いて、
死を考えずしては、命を大切にすることは
できないし、生死の問題を考えることなしに、本当の
安心も満足もないのだということが、初めて分かりました。

寝ボケていたのは私だったと、目が覚めてようやく分かりました。
私は「寝言」を言っておりました。


>>次へ

>>親鸞会topへ


親鸞会とはアクセス仏教を学ぶ浄土真宗を学ぶ会員の声沿革リンク集動画集お問い合わせ現代の仏説
copyright.
浄土真宗親鸞会