浄土真宗 親鸞会

◆なぜ人の命は尊いのか─高森顕徹師・講演動画のご案内

◆なぜ人の命は尊いのか─高森顕徹師・講演動画のご案内




シリーズ100万部を突破した『なぜ生きる』の著者・高森顕徹師が、なぜ人の命は尊いのか、初めての人にも分かるように講演された動画が、期間限定で特別視聴できます。

上記の動画の再生ボタンを押してください。講演を約10分間、お聞きになれます。

もっとお聞きになりたい方へ

講演をもっとお聞きになりたい方は、下記の欄にメールアドレスを入力のうえ、「送信する」ボタンをタップかクリックしてください。
入力されたメールアドレス宛に、講演動画ページのURLを記載したメールをお送りします。
※視聴は無料です。

必須 メールアドレス


※予告なく公開を終了する場合があります。
※入力いただいたメールアドレスに、案内メールが届くことがあります。
 希望されない場合は、届いたメールの末尾からすぐに配信解除ができます。

講演の内容は、次の質問に答えられています。

 映画『なぜ生きる』で、自ら命を投げ出した了顕を見ると、命よりも大切なものがあるように感じました。仏教では、なぜ人の命は尊いと教えられるのでしょうか。

※映画『なぜ生きる』とは、平成28年に公開された映画「なぜ生きる~蓮如上人と吉崎炎上」のことです。その中に登場するのが、本光房了顕という蓮如上人のお弟子で、自らの命と引き換えに、親鸞聖人直筆の『教行信証』証の巻を火炎の中から護った実話が描かれています。

高森顕徹師のプロフィール


親鸞聖人が明らかにされた浄土真宗の教えを、戦後から今日まで、70年にわたり伝え続けているのが、高森顕徹師です。
難しい仏教用語も、分かりやすい現代の言葉で説き明かし、懇切丁寧に伝えると多くの人から感謝の手紙が多数届けられています。

東京国際フォーラム、大阪城ホールをはじめ、全国の都道府県で講演し、海外でもアメリカ、ブラジル、ハワイ、台湾、韓国など多数の国から招待され講演を行いました。

著書は、『なぜ生きる』『歎異抄をひらく』など12冊を超え、海外にも翻訳され、累計266万部を突破しました。

『なぜ生きる』は平成28年に映画化され、『なぜ生きる―蓮如上人と吉崎炎上』のタイトルで全国ロードショーとなり、29週連続上映されるなど大きな反響を呼んでいます。

推薦の言葉


エドワード・サイデンステッカー教授のメッセージ
『なぜ生きる』の英訳は、故・エドワード・サイデンステッカー氏の監修の下、一番弟子のジュリエット・カーペンター教授が担当しました。サイデンステッカー氏といえば、川端康成氏の『雪国』を英訳しノーベル賞へと導いた立役者として知られています。5年の歳月をかけて翻訳された『なぜ生きる』英語版の裏表紙には、次のような言葉が記されています。

“YOU WERE BORN FOR A REASON is a solemn and profound book.”(『なぜ生きる』は厳粛にして深遠な書である)



アルフレッド・ブルーム教授のメッセージ
英語圏随一の浄土真宗の学者、ハワイ大学名誉教授の故・ブルーム氏は、こう語ります。

「今日ほど、親鸞聖人が明らかにされた信心が渇望される時はない。高森先生によってそれは明らかになり、新たな世界が開かれるだろう」
「西洋に、親鸞聖人の教えの素晴らしさを伝えたい。『なぜ生きる』『歎異抄をひらく』を執筆なされた高森先生、その英訳者のカーペンター教授によって、その夢が、まさに成し遂げられようとしている」

高森顕徹師の講演動画をお聞きになりたい方へ

高森顕徹師が、なぜ人の命は尊いと仏教で教えられるのか、一般の人に大変分かりやすく話された講演を、今回、特別にインターネットで聞くことができます。

講演を聞けば、あなたも、人の命が尊い理由を、仏教の教えによってハッキリとお分かりになるに違いありません。

講演をお聞きになりたい方は、下記の欄にメールアドレスを入力のうえ、「送信する」ボタンをタップかクリックしてください。
入力されたメールアドレス宛に、講演動画ページのURLを記載したメールをお送りします。
※視聴は無料です。

必須 メールアドレス


※予告なく公開を終了する場合があります。
※入力いただいたメールアドレスに、案内メールが届くことがあります。
 希望されない場合は、届いたメールの末尾からすぐに配信解除ができます。

0120-919-765←お問い合わせやご相談、ご質問などはフリーコールでどうぞ(無料)
※受付時間 午前9:00~午後5:00(土日祝日も受け付けております)

講座のご案内

浄土真宗親鸞会では、全国各地で浄土真宗・親鸞聖人の教えが分かる法話や講座を開いています。また、インターネットを利用したオンライン講座もあります。