浄土真宗 親鸞会

◆(期間限定)講演『正信偈』と『歎異抄』23分間無料視聴のご案内

◆(期間限定)講演『正信偈』と『歎異抄』23分間無料視聴のご案内

『歎異抄』解説の決定版、29万部を突破した『歎異抄をひらく』の著者・高森顕徹師が、初めての人にも分かるよう、一般向けになされた講演が、期間限定で特別視聴できます。

上記の動画の再生ボタンを押してください。講演が約2分、お聞きになれます。

もっとお聞きになりたい方へ

講演をもっとお聞きになりたい方は、下記のボタンをタップかクリックしてください。
希望を申し込まれた方は、全員、23分の講演がお聞きになれます。

※予告なく視聴が終了することがありますので、お早めにお聞きください。
 入力いただいたメールアドレスに、浄土真宗に関する情報をお伝えいたします。(解除は簡単にできます)

内容は、『正信偈(しょうしんげ)』と『歎異抄(たんにしょう)』。
日本人の教養としても知っておきたい、この有名な2つの著書を通して「生きる目的」を学べます。

世界中で愛読される『歎異抄』

『歎異抄』には、人は何のために生まれ、何のために生きるのか、苦しくとも生きねばならぬ理由は何かという、最も大事な「なぜ生きる」の答えが明らかにされています。

「なぜ生きる」の明答をズバリ示した『歎異抄』は、総刊行数5400冊以上の岩波文庫において、今日まで117万部以上を売り上げ、多く読まれた本ベストテンに入っています。

『歎異抄』の関連本は、国立国会図書館に700冊以上あるといわれます。

また、日本にとどまらず、英語、中国語、韓国語、ロシア語、ポーランド語、エスペラント語など多くの言語に翻訳され、世界中で愛読されており、これほど多くの読者を持つ日本の古典作品はめったにあるものではありません。

この『歎異抄』は、親鸞聖人の肉声を伝える格調高い名文として、思想家、哲学者、作家をはじめ、多くの人々に親しまれ、称賛されてきました。その一部を紹介いたしましょう。


哲学者・西田幾多郎
「いっさいの書物を焼失しても『歎異抄』が残れば我慢できる」
(第二次世界大戦末期、空襲の火災を前に)
* 谷川理宣・土井順一・林智康・林信康編著『歎異抄事典』


哲学者・マルティン・ハイデガー
「今日、英訳を通じてはじめて東洋の聖者親鸞の歎異抄を読んだ。もし十年前にこんな素晴らしい聖者が東洋にあったことを知ったら、自分はギリシャ・ラテン語の勉強もしなかった。日本語を学び聖者の話しを聞いて、世界中に拡めることを生きがいにしたであろう」
* 『中外日報』昭和38年8月6日


教育学者・齋藤孝
「この(歎異抄の)言葉そのものに出会うことができなかったとしたら、おそらく、日本人にとっては非常に大きな損失であったでしょう」

* 『声に出して読みたい日本語 音読テキスト3歎異抄』


俳優・武田鉄矢
「(このドラマの)打ち捨てられたヒロインを救いうる宗教は世界にたった一つ、親鸞の浄土真宗だけなんですよね。これがどういう結果になるか分からないですけど、毎回小さく『歎異抄』の一部分をつぶやきで入れています(*)」

*TBSドラマ『白夜行』公式サイトより

『歎異抄をひらく』の著者 高森顕徹師のプロフィール


親鸞聖人が明らかにされた浄土真宗の教えを、戦後から今日まで、70年にわたり伝え続けているのが、高森顕徹師です。
難しい仏教用語も、分かりやすい現代の言葉で説き明かし、懇切丁寧に伝えると多くの人から感謝の手紙が多数届けられています。

東京国際フォーラム、大阪城ホールをはじめ、全国の都道府県で講演し、海外でもアメリカ、ブラジル、ハワイ、台湾、韓国など多数の国から招待され講演を行いました。

著書は、『なぜ生きる』『歎異抄をひらく』など12冊を超え、海外にも翻訳され、累計266万部を突破しました。

『なぜ生きる』は平成28年に映画化され、『なぜ生きる―蓮如上人と吉崎炎上』のタイトルで全国ロードショーとなり、29週連続上映されるなど大きな反響を呼んでいます。

推薦の言葉


エドワード・サイデンステッカー教授のメッセージ『なぜ生きる』の英訳は、故・エドワード・サイデンステッカー氏の監修の下、一番弟子のジュリエット・カーペンター教授が担当しました。サイデンステッカー氏といえば、川端康成氏の『雪国』を英訳しノーベル賞へと導いた立役者として知られています。5年の歳月をかけて翻訳された『なぜ生きる』英語版の裏表紙には、次のような言葉が記されています。

“YOU WERE BORN FOR A REASON is a solemn and profound book.”(『なぜ生きる』は厳粛にして深遠な書である)



アルフレッド・ブルーム教授のメッセージ
英語圏随一の浄土真宗の学者、ハワイ大学名誉教授の故・ブルーム氏は、こう語ります。

「今日ほど、親鸞聖人が明らかにされた信心が渇望される時はない。高森先生によってそれは明らかになり、新たな世界が開かれるだろう」
「西洋に、親鸞聖人の教えの素晴らしさを伝えたい。『なぜ生きる』『歎異抄をひらく』を執筆なされた高森先生、その英訳者のカーペンター教授によって、その夢が、まさに成し遂げられようとしている」

高森顕徹師の講演には、海を越え、世界各地から何百もの人たちが参加しています。


このように、『歎異抄』の世界的権威の高森顕徹師が、一般の人に大変分かりやすく話しされた貴重な講演の一部を、今回、特別にインターネットで聞くことができます。

講演を聞けば、あなたも、欲、怒り、ねたみ、そねみの煩悩があるままで本当の幸せになれる道が分かります。

講演をもっとお聞きになりたい方は、下記のボタンをタップかクリックしてください。
希望を申し込まれた方は、全員、23分の講演がお聞きになれます。

※予告なく視聴が終了することがありますので、お早めにお聞きください。
 入力いただいたメールアドレスに、浄土真宗に関する情報をお伝えいたします。(解除は簡単にできます)

講座のご案内

浄土真宗親鸞会では、全国各地で浄土真宗・親鸞聖人の教えが分かる法話や講座を開いています。また、インターネットを利用したオンライン講座もあります。