現在、キャンペーン中
特典情報
現在、『歎異抄』
キャンペーン中

今、『歎異抄』に関する2冊の小冊子(PDF版)を
無料でプレゼントしております。

『歎異抄』をこれから学ぶ方に最適です。

また、「これまで『歎異抄』を学んできたけれど、
難しかった、どうもスッキリしなかった」という方にも
ご満足いただける内容となっております。

「歎異抄ってどんな古典?」と思ったら
最初に読む本
世界中で愛読される『歎異抄』
『歎異抄』の謎を解く
なぜ「善人」より「悪人」なのか
すべての人がありのままで幸せになれる
不思議な教え
感想

前田栄一(仮名)
40代・男性

高校時代に学んだ『歎異抄』に関心がありました。
特に「善人なおもって往生をとぐ、いわんや悪人をや」の悪人正機に不思議な魅力を感じてました。
けれど、いろいろ学んでも、意味がわからないままでした。
今回のPDFは、今まで学んだ中で、一番わかりやすかったですし、納得がいきました。悪人ってそういう意味だったんだ……って。
自分もそれなりに評価はしていただいてるんですが、やっぱり悪人だなって思いました。そしてこれは学ばなきゃいけないなって感じました。
とても大事なことが教えられていると思いますので、まだまだ分からないことだらけですが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

浜田千代子(仮名)
80代・女性

『歎異抄』の不思議な魅力に誘われ、もう何年も読み続けてきました。
しかし、肝心なところがどうもスッキリせず、迷宮に迷い込んだような気持ちでおりました。
「善人より悪人が助かる」なんて、一体どういうことなんだろうと、分からないけど、なぜか気になる。
それが、こちら様に書かれてありますことを読ませていただき、ああ、煩悩いっぱいの私のことなのか、私のために書かれたのが『歎異抄』であったのかと、驚きと感動がいっぺんに来て、本当にありがたいやらビックリするやらでした。
こんな私にも分かるように書いてくださるには、さぞかしご苦労があったことと思います。行く先短い身でありますが、これからも学んでいきたく思います。よろしくお願いいたします。

 

また、浄土真宗について“これだけは知っておきたい”という情報を厳選し、16通のメールもお届けしております。

『歎異抄』に関する2冊の小冊子(PDF版)と、メールを受け取るには、お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを登録するだけです。

解除もいつでも簡単にできます。

申し込む
お名前 (※ニックネーム可)
メールアドレス
アドレスの入力間違いが多いので、お間違いないか確認のうえ以下の「送信ボタン」を押してください。

1分以内にメルマガが届かない場合はこちら
メルマガの内容

浄土真宗がゼロから分かる16通のメールをお届けします。配信は2日に1回です。

 

配信内容
浄土真宗ってどんな教え?
浄土真宗を明らかにされたのは今から約800年前の親鸞聖人です。その親鸞聖人が伝えられた浄土真宗の教えとは、一体、どのような教えなのか。「親鸞聖人の考え出した教えでしょう?」と思われていませんか?知識ゼロでもよく分かる解説です。
仏教の“お経”って何なの?
親鸞聖人の教えを知るには、まず仏教とはどんな教えなのかを知る必要があります。2600年前、インドで説かれたお釈迦様の教えを、今日の私たちがどうして知ることができるのか。その鍵となるのが「お経」です。お経のルーツにせまります。
お釈迦様45年の教えは、ただ1つ
仏教には何が教えられているのか。こう尋ねられて、一言で即答するのは難しいのではないでしょうか。しかし、親鸞聖人は、ハッキリと断言されています。「お釈迦様の教えられたことは、ただ一つのことなのだよ」と。それは何か。このメール講座で分かります。
お釈迦様と阿弥陀仏の違い
仏教を説かれたのは、2600年前のインドのお釈迦様です。浄土真宗では、阿弥陀仏という仏様に手を合わせ、礼拝します。では、お釈迦様と、阿弥陀仏とは、どんな関係なのでしょうか。これはとても大切なことなので、ぜひ知っていただきたいと思います。
仏教が私に与える幸せとは
どんな人も幸福を求めて生きています。しかし、望むものを手に入れても、満足は続かず、かえって不安になることさえあります。一流企業に入社したものの、ライバルとしのぎを削ることになり、過労で倒れるのはその一例でしょう。本当の幸せとは何か、このメール講座で考えてみませんか。
他、メール講座No.16まで、浄土真宗がよく分かるメールをお届けします。
申し込む
お名前 (※ニックネーム可)
メールアドレス
アドレスの入力間違いが多いので、お間違いないか確認のうえ以下の「送信ボタン」を押してください。

1分以内にメルマガが届かない場合はこちら
追加特典

さらに、登録された全員の方に、もれなく小冊子(PDFデータ)『ゼロからわかる 浄土真宗まるわかり本』をプレゼントします。浄土真宗とは何かが分かり、「常識」と思われている7つの「誤解」をピックアップして、正しい知識を分かりやすく学べる永久保存版です。

ゼロからわかる
浄土真宗まるわかり本

誰でもわかる 10分で理解できる

  1. 葬式や法事をするのが仏教?
  2. 法名は極楽に往くための手形?
  3. お仏壇には位牌を用意するのが当然?
  4. 仏は亡くなった先祖のこと?
  5. お経は死人のごちそう?
  6. 念仏は極楽に往くための呪文?
  7. 死んだら誰でも極楽に往ける?

こんな方にオススメ
家族を亡くして初めて実家が浄土真宗と知った
核家族が当たり前となった現代で、親を亡くして初めて実家の宗教を知る方も少なくありません。「浄土真宗?これから何をしたらいいの?」と戸惑われる方に、手軽に登録できて、浄土真宗の基礎知識が分かるこのメール講座はピッタリです。登録時に受け取れる特典PDFにもお役立ち情報が満載です。

仏教を知りたくて本を買ってみたがよく分からない
仏教書は専門用語が多く、簡単には理解できません。イラスト入りで読みやすい本もありますが、「結局、仏教とは何かが分からなかった」という声がよく聞かれます。このメール講座では、本当に大事なポイントにしぼり、スッキリと理解できるようになっています。親鸞聖人の教えが、やさしく分かる感動を、ぜひ味わってください。

生きる意味が分からなくて……。親鸞聖人はどう教えられているの?
未来に希望が持てないと、生きること自体に意味が感じられなくなります。「毎日、同じことのくり返しで人生が終わっていくだけなら、何のために生きるんだろう?」。この問いに、「人生には意味がある。大事な目的があるのだよ」と断言されているのが親鸞聖人です。ひときわ輝きを放つ親鸞聖人の言葉に、ぜひ触れていただきたいと思います。

 

申し込む
お名前 (※ニックネーム可)
メールアドレス
アドレスの入力間違いが多いので、お間違いないか確認のうえ以下の「送信ボタン」を押してください。

1分以内にメルマガが届かない場合はこちら