浄土真宗 親鸞会

お知らせ

お知らせ

「二千畳」がギネス世界記録™・世界最大の畳部屋に認定

このたび、浄土真宗親鸞会館(富山県射水市)の「二千畳」(畳敷きの講堂で広さが2964.27平方メートル)が、世界最大の畳部屋として、ギネス世界記録に認定されました。

今回の認定は、「射水市を世界に発信する会」の代表・矢郷良明さんが、射水市に畳敷きで世界一の広さの二千畳があることを知り、「ギネス世界記録に登録したい」と計画したところから始まりました。

9月23日、審査の結果発表には、地元の射水市民はもちろんのこと、県内外や、地元の国会議員、市議会議員、町内会の方々、複数のメディアも取材に訪れ、大勢の観衆で会場はいっぱいとなり、熱気であふれました。

発表の数時間前には、審査のために、畳職人が二千畳内の畳をめくっての厳密な確認と、測量士による広さの計測がありました。

ギネス世界記録は、申請しても認定されないケースが数多くあり、
“もしかしたら、認定されないかもしれない・・・”
という不安と緊張感の中、ギネス世界記録公式認定員の藤渕文香さんから
「ギネス世界記録に認定されました!」
と発表があると、安堵と歓喜の声とともに、会場は大きな拍手で包まれました。

「射水市を世界に発信する会」代表の矢郷良明さんが、認定証を受け取り、二千畳をギネス世界記録に申請した経緯について、次のように語っていました。

「射水市に世界規模の二千畳があることを知り、文化施設として、もっと多くの人に知ってもらいたいと思いました。
 そこで、二千畳をギネス世界記録に登録して、世界に発信したいことを相談したところ、親鸞会さんに快く承諾していただきました。
 これからは、ギネス世界記録に認定された二千畳を発信して、文化を通じて、世界の皆さんと交友できるお手伝いをしていきたいと思っています。
 すべては支えてくださった皆さんのお陰です。本当にありがとうございました」

※矢郷良明さんのブログにも記事が掲載されています。


※イベントに参加されたphotosaruさんのアップされた動画です。

親鸞会館の二千畳
二千畳という畳敷きの大空間は、「仏法は聴聞に極まる」と教えられ、「聞く」ことを最も重んじられる浄土真宗の教えから誕生した、参詣者が一堂に会して教えを聞かせていただくための場所です。

ギネス世界記録に認定されたことをきっかけに、二千畳が世界に発信され、国内外の人々が仏教の教えにふれるご縁になれば幸いです。

二千畳の拝観を希望される方は、下記のお問い合わせフォーム、またはお電話にてお申し込みください。係から詳細をご案内いたします。

電話でのお問い合わせは、0120-919-765(通話無料)におかけください。
※受付時間:平日9時~17時(土・日・祝日を除く)

全て

講座のご案内

浄土真宗親鸞会では、全国各地で浄土真宗・親鸞聖人の教えが分かる法話や講座を開いています。また、インターネットを利用したオンライン講座もあります。