読む・知る

体験談

東日本大震災の孤独を救ってくれた『歎異抄』の一行

東日本大震災ですべてを失い、底なしの孤独を味わわれながら、「失ったものに代わる大きな宝を得ることができました」と語る福島県の深谷敬子さん。悲しみが、喜びに転じるまでのドラマをお聞きしました。

東日本大震災で味わった底知れない孤独

私は、福島第一原発から7キロの場所で、美容室を経営していました。朝8時から夜10時頃まで、何十年も寝ずに働き、子供たちを育てました。ところが、東日本大震災で店は帰宅困難区域となり、全てを失いました。

―その時のことを詳しく教えていただけないでしょうか。


福島県の富岡町にある「サン・モード」という美容室を経営していました。
東日本大震災の日は、美容室にパーマを依頼したお客さんがいました。「明日は同級会だから、若く仕上げてね」と、60代のお得意さんが、笑いながら言っていました。話しながら頭髪を整え、もうすぐセットが終わる、という頃、この世のものと思えぬ揺れに襲われました。

店の壁には亀裂が入り、棚やタンス、立っている物は全て倒れる。お客さんと外へ飛び出しましたが、瓦が飛び、網戸が外れ、石油のドラム缶が引っ繰り返っています。思わずお客さんと抱き合いました。

「できるだけ西へ、急いで逃げてください」と消防団員が、大声で触れて回ってきました。
店で膝掛け用に使っていたバスタオル一枚持って車に乗りました。すぐ戻るつもりでしたから、財布も持たず、レジも店も鍵をかけないままです。さらに原発に近い大熊町の息子の家へと車を走らせました。

息子の家も倒壊しかかって、入れない状態、乗ってきた車も地割れにはまって動かせなくなりました。やむなく車を捨て、息子の家族と大熊町の体育館へ向かいます。体育館には、すでにたくさんの人が集まっていました。

雪が降る厳寒の中、2,30分並んで待って、8枚切のパン1枚が1世帯に配られました。ビニールシートが敷かれた冷たい床の上で、震えながら一晩過ごした翌日、福島第一原発が爆発したことを知りました。

―その後、どうなったのでしょうか?


一時帰宅が許可され、家へ戻ると、地震で散乱した家に、泥棒の荒らした跡がありました。仏壇は、泥棒が入ってグチャグチャに荒らされています。

いろんなものを見ると、涙がボロボロっと出てくるのです。人生の最後に差し掛かり、ほとんど全てを失って、これからやり直しもききません。

「これから生きていけるだろうか」と、絶望的に感じました。また、「東京電力が悪い」「国が悪い」「あの時に町長が賛成したからだ」「知事が許可したからだ」とうらみの心いっぱいでした。


(実際の被災後の写真)

(震災の深い爪痕が……)


その後、避難所から避難所へ、1年で9回の引っ越しを重ね、郡山市に落ち着きました。

毎日、背中がゾクゾクするほどの寂しさがありました。
散歩をしていても、知らないところです。知っている人もいないし、景色も見たことのない場所です。

「なぜ私がここを散歩しなくちゃいけないのだろう」と思い、心底、孤独というものを知らされました。
足の下からダダダダーッと崩れるような寂しさでした。

『歎異抄(たんにしょう)』との出会い

―そんな孤独を変えたのは、どんなきっかけだったのでしょうか?


ある日、書店で『歎異抄(たんにしょう)をひらく』という本を目にしたのです。
裏表紙に、

「この世のことすべては、そらごとであり、たわごとであり、まことは一つもない」

とありました。
短い文ですが、私にとっては目からウロコで、「書いてあるとおりだ」と実感しました。

煩悩具足の凡夫・火宅無常の世界は、万のこと皆もってそらごと・たわごと・真実(まこと)あることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします。

「火宅のような不安な世界に住む、煩悩にまみれた人間のすべては、そらごと、たわごとばかりで、真実は一つもない。ただ弥陀より賜った念仏のみが、まことである」

(『歎異抄をひらく』)


「うわぁ、素晴らしい本に出遇えた」と思って、嬉しさのあまり本屋の前で抱きしめていたのを思い出します。

その後、著者の高森先生の講話を聞くことができました。
まるで自分一人のために話をしてくださっているように感じて、一言一言が胸に届きました。

今、振り返ってみると、数十年かけて築いてきたもの全てを震災で失いましたが、『歎異抄』のお言葉に出遇い、親鸞聖人の教えに出遇い、それに代わる素晴らしい宝物を得ることができました。

今は、寂しくないですね。
いつも阿弥陀仏に導かれ、親鸞聖人が側にいてくださいます。今は、すごく幸せです。

煩悩具足の凡夫・火宅無常の世界は、万のこと皆もってそらごと・たわごと・真実(まこと)あることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします。

(『歎異抄』)


※深谷さんのインタビューは、以下の動画でご覧になれます。(6分30秒)



●震災後の孤独を一変させるきっかけとなった、『歎異抄』の解説書
『歎異抄をひらく』


(関連記事)
『歎異抄』は全18章からなります。中でも前10章は親鸞聖人の肉声をそのまま伝える珠玉の言葉にあふれ、私たちの魂をゆさぶり魅了せずにはおきません。そんな『歎異抄』の基礎知識をまとめました。

全て

講座のご案内

浄土真宗親鸞会では、全国各地で浄土真宗・親鸞聖人の教えが分かる法話や講座を開いています。また、インターネットを利用したオンライン講座もあります。